メンズ

住宅の外側に取り付ける浄水器|セントラル浄水器の魅力とは

赤水対策の種類

蛇口

赤水を改善するためには

ビルやマンションなど階層のある建物においては、そのまま水道水を上層階まで供給するのは難しく、そのため給水タンクを設置し、そこから給水管を通じて各フロアに水が提供されます。しかし、この給水管は一般の水道管と異なって供給される水の水圧や量が少なく赤水が発生するリスクがあります。この赤水は主に亜鉛メッキ鋼管によって発生するもので、1980年代以前に建てられた建物でよく見られます。また錆びの発生しない塩ビ管においても継手部分やバルブは亜鉛メッキ鋼管が使われており、そこから赤水が発生することもあります。給水管赤錆対策としては、赤水が発生している場合には配管そのものを取り替えてしまうか、配管内の赤錆を取り除くといったことが行われます。一般的には配管内の赤錆を取り除く方法が行われ高圧洗浄や、口径に合わせたドリルを挿入することで取り除く作業が行われます。特に発生しているさいの給水管赤錆対策としてスピーディーに行えるのが発生している赤錆を取り除く方法で、さらにビニールライニングと呼ばれる樹脂を配管内部に塗布するといった方法があります。この場合には交換とは異なり短期間で作業を終了させることができます。一方で給水管赤錆対策として発生させないようにするというものもあります。この場合には給水管する前に浄水することで赤錆の原因を取り除くというものです。この給水管赤錆対策を行えば赤錆が発生しにくくなるため給水管の寿命を延ばすことができます。