家と配管

住宅の外側に取り付ける浄水器|セントラル浄水器の魅力とは

混合水栓は技術が必要

最近の蛇口は混合水栓が多く水とお湯が両方出るものが主流です。この蛇口交換は専門知識を有するので、業者に交換を依頼した方が安心です。急ぎでないなら、街の指定業者である水道屋に聞いてみるといいでしょう。夜間など急な場合は24時間対応の修理専門店もおすすめですが、無料見積で予め料金を確認しておきましょう。

住宅内のあらゆる蛇口で

浄水器

住宅の外側に設置

浄水器とは、水道管に設置することで、そこを通る水道水から不純物を除去する機器です。一般的には浄水器は、水道水の浄化を希望する場所に設置することになります。たとえば台所できれいな水道水を使うことを希望している場合には、台所の蛇口付近に取り付けるといった具合です。しかしこれにより、水回りのスペースが少なくなることがあります。台所の場合、設置した浄水器が、食器洗い用の洗剤やスポンジの出し入れの妨げになる可能性があるのです。そのため昨今では、住宅の外側に設置できるセントラル浄水器が注目されるようになっています。セントラル浄水器は、戸建て住宅の場合は外壁沿いに、マンションの場合は玄関の外側にあるパイプシャフト内に設置されます。どちらも生活の妨げとなる可能性が低く、その分快適に使用できると言えます。しかもセントラル浄水器には、効果が住宅全体で発揮されるというメリットもあります。セントラル浄水器で浄化された水道水は、住宅内のあらゆる蛇口で使用可能となっているのです。全ての蛇口にひとつずつ浄水器を設置する場合と比較すると手軽ですし、かかる費用も少なめとなるので、その点からもセントラル浄水器は評価されています。またセントラル浄水器では、設置した業者による定期的なカートリッジ交換が行われます。カートリッジ内には、水道水から除去した不純物が付着しているのですが、交換によりその悪影響を防ぎやすくなります。良い品質が保たれるので、これもセントラル浄水器のメリットのひとつとされています。

赤水対策の種類

給水管赤錆対策としては、配管を交換するか洗浄して赤錆を取り除くといった方法があり、特に古い配管では洗浄後にビニールライニングと呼ばれる樹脂で皮膜して新たな赤錆を発生しにくくする方法があります。また赤錆そのものを発生させないためには水を給水管に供給する前に浄水するといった方法があります。

排水の詰まりを解決する

東京には、キッチンやトイレの排水詰まりによるトラブルに対応してくれる業者が多数あります。特殊な薬剤や高圧洗浄機を使用して、スピーディーにトラブルを解決してくれるのが特徴です。夜間や休日に対応してくれる業者なら、突然のトラブルにも迅速に対応してもらうことができます。